カロリーの計算はしなくてもいい?ダイエットとカロリーの関係。

よくある疑問

「糖質制限ってカラダに悪いの?」
「チアシードっていいんでしょ?」
「揚げ物も食べていい?」
「プロテインって効くの?」
「朝食はグラノーラだから健康的?」
「カロリーは計算しなくてもいいんでしょ?」
「○○○ダイエット法ってどうなの?」

こんな質問もたくさんいただきます。
もちろんお応えすることもできますが、ほとんどの方が私からの回答の内容を理解することができません。

なぜならば、もっともっと大切で、根本的な知識がないからです。

上記の質問内容などは、言ってしまえば「ミクロな知識」です。
もっと根本的で、基礎的な「マクロの知識」がなくては理解できるわけがありません。

大切な知識から順番に身につけていきましょう!
上記の質問も、必ずご自身で判断できるようになります。

 

 

 

ダイエットとカロリーの関係

ダイエットの原則

  • 摂取カロリー > 消費カロリー = カラダが大きくなる
  • 摂取カロリー < 消費カロリー = カラダが小さくなる

この大前提を見落としたり、理解しないままダイエットに励んでいる方が多いです。

これはヒトがヒトである限り、不変の原則で、ダイエットや身体づくりの「はじめの一歩」です。

「大きくなる」「小さくなる」という言い方をしたのには勿論理由があります。

【筋肉をつける】のも【デブになる】のも「大きくなる」に含まれます。
【引き締まる】のも【ガリガリになる】のも「小さくなる」に含まれます。

 

 

 

 

オーバーカロリー

例えば、ムキムキになりたいから筋肉をつけたい!と思った場合、それは「カラダをおおきくする」という方向の努力になります。
ですから、摂取カロリーを多くしてオーバーカロリーの状態を作ってあげないといけません。

勘違いをしている方も多いですが、ひたすらに筋トレを一所懸命やれば筋肉がつくわけではありません。

正しい食事と運動(筋トレ)によってカロリーコントロールをして、
摂取カロリー > 消費カロリー = カラダが大きくなる
という状態を継続させてあげなければいけない、ということです。

逆に、脂肪がつきまくってブヨブヨのカラダになっている人がいますよね。
この人も「大きくなっている」わけです。

つまりこの人もやっぱり、
摂取カロリー > 消費カロリー = カラダが大きくなる
の状態を、長年続けてきたからそうなっているわけです。

ただし、正しい運動をせずに、摂取カロリーの方が圧倒的に多い状態を続けたわけです。
でもオーバーカロリーである、という根本的な状態は同じです。

 

 

 

 

ローカロリー

ダイエットをはじめる!と決めた人がまずはじめに取り掛かるのがこのローカロリーです。

摂取カロリー < 消費カロリー = カラダが小さくなる
この状態にしようとします。

しかもほとんどの場合が、摂取カロリーを減らそうとします。
ごはんを食べなくなったりするわけです。

運動をして消費カロリーを増やすという人はなかなかいません笑
でも、大きく間違っているわけでもありません。

体重は落ちるはずです。
摂取カロリー < 消費カロリー = カラダが小さくなる
という前提に当てはまっていますからね。

ただし、落とし穴があります。
前回のコラムにも書きましたが、これではむしろ、努力して太りやすい体質を自ら進んで作っていることになります。

筋肉量が著しく落ちていく状態でもありますので、基礎代謝量も下がってしまっているのです。

はじめの1〜2ヶ月は体重が落ちて、からだも小さくなるので嬉しいでしょう。

でも、そこからほとんど変化はなくなるはずです。
基礎代謝が増えていないなら、よほど高負荷なダイエットに切り替えていかない限り変化は停滞します。

これを恒常性=ホメオスタシスといいます。

 

 

 

 

 

食べても太らない人

男女問わず、周りにこんな人はいませんか?
大食い女王的な人とか、モデルさんや女優さんのことを不思議に思ったことがありますか?

な〜んにも、不思議なことはありません。
この人たちの秘密も、上記の大前提の中に隠れています。

摂取カロリー < 消費カロリー = カラダが小さくなる
つまりなんらかの原因で↑この状態が継続している人たちなんです。

原因は

①日常生活の中で、カロリーをたくさん消費している
②内臓系が弱く、食べた分ほどカロリーをうまくカラダに摂取できていない。
③食事の回数が少ないので実は【1日の摂取カロリー】が少ない。

これのいずれかに該当する人です。
特に②の人が多い気がします。

②の人はストレスや内臓系の不調などの何らかの理由でカロリーを摂取できていません。

この人達は「健康・ヘルシー」とは呼びづらいですね。

 

 

 

まとめ

  • 摂取カロリー > 消費カロリー = カラダが大きくなる
  • 摂取カロリー < 消費カロリー = カラダが小さくなる

①まずはこの大前提を理解する。
②摂取カロリーと消費カロリーの明確な数字を知る。
③正しい運動と食事で、少しだけオーバーカロリーかローカロリーにする。

つまり【自分の1日の消費カロリー】と【自分の1日の摂取カロリー】さえ把握できれば、「大きくなる」「小さくなる」は、自由自在ってことなんです。

「小さく」なりたければ、【1日の消費カロリー】よりも【1日の摂取カロリー】をちょっとだけ少なくして、それを継続すればいいだけなんです。

なぜそんなことで「小さく」なるんでしょうか?
人間がそうできているから、です。

摂取カロリーと消費カロリーはちゃんと計算した方が良い!ということはご理解いただけたかと思います。

 

しかし、体重がいくら落ちてもそれではカラダは変わりませんし、むしろ基礎代謝を落としてしまうことになり、逆効果です。

あくまでも健康的に痩せて、かっこいいカラダを手に入れることが目標なはずです。

リバウンドなんてみんなイヤでしょう?

 

どうせやるなら、確実に成功できて、ラクな方法でいきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です