なぜ摂取カロリーは絶対に知っておく必要があるのか?

前回、あなたの1日の消費カロリーがハッキリとわかったとこで、今度知っておかなければならないのが「1日の摂取カロリー」です。

繰り返しますが、「消費カロリー」と「摂取カロリー」を知らずしてダイエットなんてもってのほかです。

myfitnesspal というアプリがオススメ。
とても簡単に【1日の摂取カロリー】を計算できます。

 

別にこのアプリでなくてもいいですし、計算さえできればいいので、ご自身で紙にカロリーをメモしていって足し算してもOKですよ!

摂取カロリーをすべて計算する

「めんどくさい!」「そこまでやるの?!」

これはすごく大切なことですし、無料アプリで簡単にできるんでやっていきましょう。

意味不明な、何の役にも立たないダイエットを続けるほうがよっぽどめんどくさいです。

 

例えば、コンビニで買ったお弁当や、何か食べ物のパッケージの裏側なんかにカロリーや成分表が載っていますよね?

今回見ていただきたいのは、カロリーだけです。
(100gあたり)エネルギー〇〇kcal
これが摂取カロリーです。

これを全部朝から晩まで、クチに入れるもの全て、足し算していけばいいだけです。

飲み物・おやつ・ご飯・サプリメントなど、口に入れたもの全てのカロリーを足していくだけです。

もちろん3大栄養素も、ものすごく大切ですが、それは次回説明いたします。

 

 

 

カロリー計算は足し算だけ

そこで登場するのが、上記のMyfitnessPal(マイフィットネスパル)と言うアプリです。

例えば、朝ごはんを食べる際にこのアプリを開いて、食べる食材を全て入力します。

「フードを検索」のところで食材を検索するだけで、その食材のカロリーや栄養素を教えてくれて、計算してくれます。
アプリを使わずに、自分で計算するのもいいと思います!

あとは食材を全て選んで、食べる量を選べば「毎回の食事の総カロリー」が簡単にわかります。

1日それを続ければいいだけです。
これで1日の総摂取カロリーがわかります。

 

 

バーコードリーダー機能

Myfitnesspalの優秀な機能です。
バーコードリーダーを使えばいちいち栄養素を打ち込まなくても大丈夫です。

 

 

 

慣れれば必ず使いこなせます。

そもそも操作が簡単ですし、見やすくて非常にいいアプリだと思います。

ただし、外食した時はまだまだカロリー表記をしてくれていないお店が多いですよね。
ファミレスぐらいですかね?書いてくれているのは。

 

でも、このアプリを使っていけば、おおよそのカロリーはご自身で把握できるようになります。

例えばお店で親子丼を頼んだのなら「ご飯が200gぐらいと、鳥が100gくらい、卵2つぐらいだから・・・・」って言う具合に。

外食した時ぐらいは、大雑把な把握の仕方でいいです。
毎日、毎食外食するわけでもないでしょう?

 

 

ダイエットをする、もしくは肉体改造をするにあたって「外食やお酒を控えるべきだ!」なんて全く思いません!

会社のお付き合いでお酒の席が・・・デートが・・・そんなことは誰しもあります。
仕方ないですよね、避けることはできません。

だからこそ、できる時にしっかり正確にコツコツと取り組む習慣をつけるべきなんです。

 



日頃、このアプリを使って(別にこのアプリでなくてもいいですよ!)しっかり計算して毎日自分がどれだけカロリーを摂取しているのかを把握する習慣をつけるべきなんです。

「あれ?意外と多い!」とか「全然少ない!」とか、人それぞれあると思いますが、まずはご自身の摂取カロリーを把握できたことが、大きな前進だと思いますよ。

繰り返しますが、「消費カロリー」と「摂取カロリー」を知らずしてダイエットなんてもってのほかです。

 

 

 

 

 

摂取カロリーを消費カロリーに合わせる

以前にも書きましたが、摂取カロリーを消費カロリーよりも、ちょっとだけ少なくしてそれを継続すれば「カラダは小さくなり続け」ます。

例えば、メンテナンスカロリーが2000kcalだったのなら、毎日このアプリで1800kcalになるように計算して食べていけばいいんです。
これは人間の前提的な仕組みです。

それと共に大切なのが【マクロ栄養素】です。

つまり摂取カロリーの内訳ですね。

 

 

例えば、マッチョになってカラダを大きくしたい人がいたとします。
その人がオーバーカロリーを摂取し続けようとして、毎日朝から晩までアイスクリームを食べ続けたとします。

大前提に従って、もちろん「カラダは大きくなり」ます。
けど、ブヨブヨに太って大きくなるんです。

どんな風に大きくなるのか、小さくなるのか、これを決めるのがマクロ栄養素です。

 

 

 

 

マクロ栄養素もアプリで計算

実際に試しに使っていただければわかると思いますが、アプリではカロリー以外にもタンパク質や炭水化物、脂質などの数値も出てきますよね。
これらを総称して「マクロ栄養素」と呼びます。

英語では Macro です。
気になる方は検索してみてください。

Myfitnesspalなら、このマクロ栄養素も簡単に計算できてしまいます。
と言うか、カロリーの計算をしたら勝手に計算されてマクロ栄養素も教えてくれます。

「消費カロリー&摂取カロリー」に匹敵するほど、マクロ栄養素は超重要な知識ですので、次回以降しっかり解説していきます。

マクロ栄養素とカロリーさえ自在に操ることができれば、ダイエットはすでにほぼ成功したと言ってもいいでしょう。

カラダを変えるには、「運動」と「食事」が必要ですが、この2つは同じぐらいか、あるいは「食事」の方が重要かもしれないぐらいですからね。

ですが、今回はここまで。
次回はマクロ栄養素って何?からやっていきます。

※繰り返しますが、計算のやり方は自由です!
アプリを使わなくてもできますよ!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です