筋トレやダイエットのモチベーションの保ち方。心を強くするマインドセットとは。

・根性無いし・・・

・忍耐力もない・・・

・辛くなったらすぐ辞めそう・・・

・何をやってもすぐ諦める・・・

・何をやっても飽きちゃう・・・

 

大丈夫です。

みんな、そんなもんです。

 

今回は【マインドセット】について書いてみようと思います。

これが上手な人は、たいてい何をやらせてもうまくいきます。

 

トレーニングだけに関わらず、仕事や遊びにも通ずる考え方です。

 

「モチベーション」は、言い訳の言葉です。

みなさんも【モチベーション】という言葉を捨ててみませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【モチベーション】は絶対に続かない

元も子もないハナシですが、これは諦めてください。

今ではほとんどの人が、【モチベーション】という言葉を、【やる気】のような意味で使っています。

間違った使い方なんですが、ここでは無視します。

「やる気」という意味であれば、365日24時間ずっと「モチベーション」を高く保つことはできません。

 

当たり前です。それでいいんです。

モチベーションは本来、保ったり、自分でコントロールできるようなものではありません。

 

つまり、

たとえ【やる気】が無くても、踏ん張って、頑張れるようになればいいのです。

 

 

そのためには、【明確な目標・目的】が必要です。

 

 

 

 

 

 

明確な目標・目的を定める

例えば、

・学校へ行く

・会社へ行く

・仕事をする

 

これらの日常生活のことを考えてみてほしいのですが、これらは本当にあなたにとって必要なことでしょうか?

 

間違いなく必要だと思うのですが、命に変えるほど大切なことでしょうか?

つまり、【どうしてもやりたくなければ、やらなくてもいいもの】だと言えます。

にも関わらず、マインドセットが上手にできている人たちは、生き生きと、日々の仕事などを頑張っているはずです。

 

仕事や趣味などで成功を収める人のほとんどは、マインドセットを上手に行なっています。

しっかりと意思を固めているのです。

 

 

いったいなぜでしょうか?

そこには明確な目的意識があるからです。

 

 

 

仕事であれば、

・〇〇才までにマイホームを買いたい。
・年収を〇〇万円にしたい。
・来年度中に昇進したい。

 

 

学校なら、

・卒業して大学へ行きたい。
・〇〇の資格を取得したい。
・〇〇語を修得して旅行にいきたい。

 

などなど、いろいろありますね。

 

これらの目標や目的をしっかりと常に意識することさえできれば、【モチベーション】という言い訳の言葉に負けることはありません。

 

もし、仕事や学校、趣味などがいつも中途半端で、楽しむこともできず、ダラダラとやってしまっていると感じているのなら、

それらに対して、「明確な目標や目的を持つことができているか」を、改めて考え直してみるといいでしょう。

 

おそらく、目標や目的を見失っていたり、そもそも元から無かったりするのではないでしょうか?

 

 

 

 

・みんな行っているから。

・みんなやってるから。

・お金がほしいから。

・恥をかきたくないから。

 

これらは明確な目的や目標とは言えません。

今、自分が置かれている環境を見直して、

そこに目的や目標を見出す努力をしてください。

 

 

 

フィットネスなら、

 ・体脂肪率を○%にする。
・6パックをつくる。
・ベンチプレス100kgをクリアする。

 

など、必ず【明確な目標】を持ち続けましょう。

 

 

 

目標さえあれば、【やる気】は関係ありません。

「今日はモチベーションないんだよね・・・」

そんな日は、あなたの目標や目的も消えますか?

 

消えはしないはずです。

目標・目的さえ見失わなければ、必ず前に進めます。

 

 

 

 

 

 

フィットネスを楽しむ

明確な目標を立て、その目標に向かって日々進歩を続けていくと、それは自信になります。

自信がつくと、楽しくてしょうがなくなりますよ!

これ以外のタスクに関してもそうです。

目標に向かって努力している、その環境を楽しみましょう。

2度3度と味わえるようなものでもありません。

目標を達成したならば、またあらたな目標を設定するだけです。

 

 

 

 

 

人間関係を見直す

ポジティブな行動を起こそうとしたり、努力を始めたりすると、必ず足を引っ張る人間があなたの周りに出てきます。

 

必ず出てきます。

 

「無理しすぎないほうがいいよ」

「意識たかいね〜」

「うわー頑張っちゃってるよ・・(笑)」

 

などのネガティブな言葉です。

とくに前者は「気を使って心配している」感じがするのですが、話半分で聞いておくほうがいいです。

つまり、ポジティブなあなたが進歩して行くことを恐れ、
自分だけが取り残されることを不安に思って、
あなたの足を引っ張ろうとしているのです。

 

 

ネガティブな本人達は、そんなつもりで言った言葉ではないことがほとんどです。

ですが、人間は【何かアクションを起こそうとする人】に対して、引き止めておきたい衝動に駆られるものです。

 

こういったネガティブな人は、切り捨ててしまってもいいでしょう。

 

あなたの人生において、本当に大切な人なのであれば、これからも付き合って行くのがいいでしょう。

そうでないのなら、これ以上、彼らのネガティブな言葉を聞く必要があるでしょうか?

 

 

 

目標や目的はバラバラでも、ポジティブに人生を楽しんで努力を続けている人なら、大切な仲間・友人同士になれるはずです。

お互いにお互いを高めあえるような、ポジティブな人を周りに置くようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

モチベーションという言葉は使わない

そもそも使い方が間違っていますし、つかわなくてもいい言葉です。

【やる気】でいいでしょう。

 

毎日やらなければいけないこと。

立ち向かわなければならないこと。

そこに「やる気」や「モチベーション」は関係ないのです。

【やる気】の有る無しに関わらず、あなたに明確な目標や目的があれば、必ずクリアしなければならないはずです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です